[PR]

カイシャで生きる 第18話

 仲間に早期退職を促す。そんなつらいリストラを指揮したパイオニアの子会社の元役員は、自らも会社を辞め、退職した社員たちとメーカーを起業。オーディオ機器を世に送り出している。「開拓者」精神を受け継いで。

組織の歯車として一日一日を懸命に生きる。ときに理不尽な人事や処遇に苦しんだり、組織との決別、新しい人生を考えたり。様々な境遇や葛藤を経験しつつ前に進もうとする人々の物語を紡ぎます。

 「パイオニア 3千人削減へ」。12月上旬、オーディオメーカー、スペック社長の石見周三さん(66)は経営不振が続くパイオニアが香港ファンドの完全子会社になるというニュースを知って、悲しい気持ちになった。

 「復活を願ってきたが、リストラか……」。10年前のことを思い出した。

 2009年2月。パイオニアはプラズマテレビ事業から撤退し、正社員と非正規社員あわせて1万人を削減するリストラ計画を発表した。

 石見さんは、パイオニアの販売子会社の取締役営業本部長として、リストラを指揮した。全国各地の拠点を訪ね、早期退職の募集に応じるように促していた。

 「自分の将来についてどう考え…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら