[PR]

 国際NGOの世界自然保護基金(WWF)は12日、東南アジアのメコン川流域で、「金髪」のコウモリや背中に特徴的な2本の筋が入ったヤモリなど157種の新種を確認したと発表した。

 WWFは1997年からメコン川流域で生物調査している。2017年の調査で、カンボジアやラオス、ミャンマー、タイ、ベトナムで、哺乳類3種、爬虫(はちゅう)類26種、両生類14種、魚類23種、植物91種の計157種を新種と確認した。

 ミャンマーに生息する新種のテナガザルは、映画「スター・ウォーズ」の登場人物にちなんで、「スカイウォーカー・フーロックテナガザル」と呼ばれる。2007年に発見されて以来、新種と確認されるまで10年かかった。その年月の長さを、「スター・ウォーズ」の登場人物の修行になぞらえた。繁殖力が低く、すでに絶滅のおそれがあるという。

 また、ミャンマーで確認されたコウモリは、頭から背中にかけての「金髪」が特徴。発見した研究者らは米国のアイドルグループ「イン・シンク」のランス・バスさんの髪形を思い起こし、「ランス・バス・コウモリ」と呼んでいる。

 WWFがメコン川流域で調査を…

この記事は有料会員記事です。残り134文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り134文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り134文字有料会員になると続きをお読みいただけます。