拡大する写真・図版1970年の大阪万博では、現在につながる製品や技術が続々と登場した

 1970年。大阪万博の会場を訪れた多くの人たちが、最先端の技術に驚き、初めての体験に心を躍らせた。あれから約50年。万博が見せてくれた未来は、どこにあるのだろう。2025年に大阪で2度目の万博を開くことが決まった今、暮らしの中で探してみた。

 人間洗濯機は、70年の大阪万博で最も話題になった展示のひとつだった。

拡大する写真・図版1970年の大阪万博では、サンヨー館の「人間洗濯機」が注目を集めた

 ガラス張りの浴槽に水着姿の女性が入ると、自動でお湯がたまっていく。いっぱいになりかけたその時、300ものゴムボールが放出される。お湯の勢いでボールが体に当たることで、「マッサージ機能がある」のだという。

拡大する写真・図版万博会場で注目されたサンヨー館の「人間洗濯機」は現在、パナソニック本社に展示されている=大阪府門真市

 三洋電機(当時)のパビリオン「サンヨー館」には、「ウルトラソニックバス」と名付けられたこの展示を見るために、連日長い列ができ、期間中に約586万人が入場した。元三洋社員で開発担当だった上田マナツさん(84)は「『風呂に入らしてや』という人がたくさんいて、感動したのを覚えている」。

万博会場に登場した最新技術の数々。日本初の動く歩道や自動改札機の第1号も大阪から全国へ普及していきました。

 三洋が国内メーカーで初めて発…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く