[PR]

 在新潟ロシア総領事館に着任したミハイル・セルゲーエフ総領事が12日、秋田県庁を訪れ、佐竹敬久知事と面会し、経済や観光などの交流を進めていくことで合意した。知事はプーチン大統領から贈られた愛猫ミールの近況に触れ、「えさをたくさん食べ、順調に育っている」と伝えた。

 ミールは、プーチン大統領に贈った秋田犬「ゆめ」の返礼で2013年に贈られた雄のシベリア猫。知事公舎で飼われている。佐竹知事は「(体重は)いま、8キロ。朝はいつも甘えます。非常にかわいらしい」と目を細めた。

 セルゲーエフ総領事は「秋田犬は日ロ友好のシンボルになった。急速に発展する極東のウラジオストクと秋田が経済的に互いに良い影響を与え合えればいい」と応じていた。(金井信義)