【動画】外国籍の子どもらが学ぶ「さくら教室」=内田光撮影
[PR]

 「センセイ! センセイ!」。教室のあちこちから、ポルトガル語に交じって、覚えたてのたどたどしい日本語が聞こえてくる。

 滋賀県湖南市立水戸小学校内にある「さくら教室」は、親の仕事の都合で来日した外国籍の子どもが、公立の授業に合流する前の「準備コース」だ。

 学校の近くには工業団地があり多くの外国人が働く。教室には日系ブラジル人を中心に、ボリビアやフィリピンなど20人が在籍し、日本の言葉や習慣を学んでいる。言葉の壁や文化の違いから起こるいじめなどの問題を減らそうと、市が11年前に始めた。

 学年も言葉の習熟度もバラバラ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら