[PR]

 2027年開業のリニア中央新幹線は、名古屋から東京・品川まで6都県に駅が造られる。中間駅の建設が予定されている神奈川県相模原市、新たな出発地、終着地となる品川駅周辺を記者が歩いた。

用地は高校移転跡地 神奈川県駅

 牛が草をはみ、ヤギが愛らしい鳴き声をあげる。近くのコスモス畑では、今を盛りとばかりにピンク色の花びらが風に揺れ、一面を鮮やかに彩る。畑の向こうには時折、列車の通過音が響き、駅に列車が滑り込んでいく。

 リニア中央新幹線の神奈川県駅は、JRや京王線が乗り入れる橋本駅(相模原市)の南口、県立相原高校の移転跡地にできる。

 同校では農業、商業の4学科で約700人が学ぶ。牛約20頭や豚約40頭、ニワトリ約320羽も暮らし、年に2千人以上の子どもが見学に来る人気ぶりだ。OBでもある岩崎秀太教頭(49)は「街の小さな動物園といった感じで親しまれてきた」と話す。

 1923年に開校し、卒業生は約1万7千人。駅前に位置し、街の変遷を見つめてきたが、地下にできるリニア新駅の建設で、来年4月に西に2キロほど離れた新校舎に移り、新たな歴史を刻み始めることになる。

 新駅の開業を見越し、橋本駅周…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら