[PR]

 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)幹部が逮捕された事件で米中間の緊張が高まる中、米連邦捜査局(FBI)高官が12日の議会で証言し、中国が米国のスパイ防止活動の「最大の脅威」になっていると強く警告した。強まる米国の攻勢に、中国は態度を硬化。先行きの見えない局面を、トランプ米大統領がさらにかき回しかねないとの懸念も出ている。

 「米国経済を成功させた人々のアイデアや技術革新を盗もうとしている」

 12日、中国のスパイ活動をテ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら