[PR]

 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部をカナダ当局が米国の要請に応じて逮捕した事件で、2人目のカナダ人が中国当局に拘束されたことが13日明らかになった。カナダ政府は事実上の「人質」を取られ、ファーウェイ幹部の引き渡しを求める米国と、即時釈放を要求する中国の板挟みになっている。

 中国外務省の陸慷報道局長は13日、カナダ人ビジネスマン、マイケル・スパバ氏を遼寧省丹東市の国家安全局が拘束していると認めた。ファーウェイの最高財務責任者・孟晩舟氏が1日にカナダで逮捕された後、中国でカナダ人の拘束が確認されたのは、シンクタンク「国際危機グループ」(ICG)職員のマイケル・コブリグ氏に次いで2人目。

 陸氏によると、2人とも国家安全に危害を及ぼす活動をしていた疑いがあり、10日に拘束されたという。スパイ行為などの容疑をかけられている模様だ。中国側は華為の事件との関連を認めていないが、拘束したカナダ人を外交カードにして、孟氏釈放に向けてカナダ側に圧力をかけようとする構図がより強まった。

 米国とは貿易摩擦解消に向けた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら