[PR]

 愛知県にある化学メーカー「アイカ工業」が、海外事業で急成長している。接着剤の開発に長く携わった小野勇治社長に、業績が好調な理由を聞いた。

 ――もとは合成樹脂の接着剤の製造販売を主力とする会社でした。

 「接着剤は戦前・戦中、飛行機のプロペラなどに使われていました。戦後はその技術を応用して商品を広げ、現在は接着剤から住宅や商業施設に使われる建材まで手がけています」

 「建材のなかでもメラミン化粧板のシェアは国内トップです。樹脂を浸透させた紙を高温・高圧で固めたプラスチック板です。熱や傷、汚れに強く、テーブルの表面や台所まわりに使われます。色や柄は紙に印刷すれば良いので、バリエーションも豊富です。最近は磁石で貼り付けるだけといった簡単な施工を売りにした新商品にも力を入れています」

 ――海外事業の伸びが目立ちます。

 「社長に就任した2010年当時、人口減少を背景に20年ごろから国内の住宅着工件数が減ると予測されていました。会社の将来性を考えると海外の売上高を増やすしかないと考えたのです。以降、これまでに4社の海外企業を買収し、45億円だった海外売上高は10倍以上に増えています。消費者の生活の質が向上していくアジアではまだ成長が期待できます」

 ――海外企業の買収はリスクが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら