[PR]

 近現代の有名作家をモチーフにした人気漫画との共同展が東京都新宿区立の2施設で開かれている。博物館と縁遠い10~20代を呼び込もうと、同区が企画。期間中は、展示にあわせて作ったグッズを無料で配る。

 展示があるのは、夏目漱石の書斎を再現するなどした漱石山房記念館(早稲田南町)と新宿歴史博物館(四谷三栄町)。テレビアニメや映画にもなった漫画「文豪ストレイドッグス」との共同展で、来年1月31日まで開催する。

 同作は漱石や芥川龍之介、太宰治ら有名作家と同名のキャラクターが登場するアクション漫画。期間中は、このうち8人の等身大パネルや作者・春河35さんによる描き下ろしイラストを展示するとともに、実在した作家の業績に関する解説文も付けて紹介する。

 アンケートに答えた来場者には、イラストが描かれた缶バッジ(漱石山房記念館)かクリアファイル(新宿歴史博物館)を無料で配る(なくなり次第、配布終了)。展示スペースへの入場は無料。問い合わせは、新宿区文化観光課(03・5273・4126)へ。(岡雄一郎)