[PR]

 ホンダは13日、ハイブリッド車(HV)の新型セダン「インサイト」を14日に売り出すと発表した。2014年に国内販売を中止していたが今回、復活させた。ホンダの国内向けセダンはこれで6車種目。SUV(スポーツ用多目的車)人気のなか、販売を伸ばせるかに注目が集まる。

 ホンダは1999年、トヨタ自動車のHV「プリウス」に対抗してインサイトを投入。09年発売の2代目は200万円を切る低価格を売りに、一時は月間の国内新車販売台数(軽自動車を除く)でHVとして初の首位となった。だが、その後は低迷し、14年に国内販売を中止した。

 初代は2人乗りの小型車、2代目はハッチバック、今回の3代目はセダンでの投入となる。ホンダの寺谷公良執行役員は「HVが当たり前の時代になり、車の持つ本質的な美しさや実用性を追求した。その結果セダンという形にたどり着いた」と話す。

 ただ国内市場では、SUVの販…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら