[PR]

 河野太郎外相が11日午後の定例会見で日ロ関係をめぐる記者の質問を繰り返し無視した。外交交渉への影響を考慮するとしても、「答えられない」とさえ回答しないのは極めて異例。背景にあるものは。

 河野氏は会見で、ロシアの外相が日ロ平和条約交渉について「日本が第2次大戦の結果を認めることが第一歩だ」と発言したことについて、記者に問われた。これに対し「次の質問どうぞ」とだけ返答。続けて2人の記者が関連質問をしても「次の質問どうぞ」と繰り返した。「なぜ『次の質問どうぞ』と言うのか」とただされても、「次の質問どうぞ」。「公の場での質問にそういう答弁をするのは適切ではないのではないか」と指摘され、「交渉に向けての環境をしっかりと整えたい」と語った。

 ロシアとの平和条約交渉では、河野氏は交渉責任者を務め、臨時国会の委員会審議でも「(自らの発言が)交渉に影響を与えることが十分に考えられる」として、「政府の立場を申し上げるのを控える」などと繰り返し答弁していた。

 記者会見では、質問そのものも無視した形だ。この様子は朝日新聞のほかNHKなども報じた。外務省の記者クラブは11日夕、「国民に対する説明責任を果たしているのかどうか、疑問を禁じ得ない」として、河野氏に「誠実な会見対応を求める」とした申入書を文書で提出。河野氏は、「神妙に受け止めます」とのコメントを出した。

 外相の会見は、記者クラブに在…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら