[PR]

 中国メディアは13日、中国在住のカナダ人ビジネスマン、マイケル・スパバ氏が国家安全に危害を及ぼす活動をしていた疑いがあるとして、10日から遼寧省丹東市の国家安全局の捜査を受けていると報じた。関係当局からの情報としている。スパイ活動などの容疑をかけられている模様だ。

 中国の通信機器大手華為技術(ファーウェイ)の幹部がカナダで逮捕された事件の後、中国でカナダ人が捜査の対象になっていることが確認されたのは、シンクタンク職員に次いで2人目となる。具体的な容疑の内容や、華為幹部の事件との関連は不明だ。

 カナダのフリーランド外相は12日の会見で、シンクタンク職員とは別の男性が中国で拘束されている可能性を示唆していた。(北京=延与光貞)