[PR]

 「三大流星群」の一つ、「ふたご座流星群」が14日夜、ピークを迎える。みさと天文台(紀美野町)によると、ピークは14日の午後9時ごろで、明るい星の多い冬独特の星が降ってくるような流星群が見られるという。担当者は「ふたご座流星群は星がたくさん流れる最強の流星群。恋人へのプレゼントにもおすすめ」と太鼓判をおす。

 和歌山地方気象台によると、ピークを迎える時間は県南部では晴れ、県北部では雲が広がりやすいが、雲の切れ間から星が見える見込み。(成田愛恵)