[PR]

 欧州CLは各地で1次リーグE―H組の最終節が行われ、決勝トーナメント(T)に進む16強が出そろった。

 4連覇を狙うG組のレアル・マドリードはCSKAモスクワにホームで0―3と惨敗したものの、悠々の1位突破を決めた。後半の残り14秒だけ出場したCSKAの西村拓真(前仙台)がピッチに入ったとき、客席の約半分は空席だった。

 この日試合をした組の決勝T進出チームの中で、F組のリヨン以外の7チームは前節までに突破を決めていた。H組首位のユベントスと2位のマンチェスターUは共に敗れ、「消化試合」感が増した。

 11月、独誌「シュピーゲル」…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら