[PR]

 大阪府警富田林署で8月、留置中の男が逃走した事件で、逃走当日に留置管理業務を担当していた40代の男性巡査部長がスマートフォンでアダルトサイトを閲覧していたと府警に説明していることが捜査関係者への取材でわかった。府警はこの巡査部長を懲戒処分(減給6カ月)にしたが、処分時に明らかにしていなかった。

 事件は8月12日夜に発生。男を逮捕後の10月、府警は当時の署長ら計7人の懲戒処分を発表。この際、府警は巡査部長が当時スマホで野球のニュースを見ていたとし、留置施設にスマホを持ち込んだことは内規に反すると説明した。

 巡査部長は府警の調査に、アダルトサイトも閲覧していたと説明していたが、府警は公表しなかった。府警幹部は「アダルトサイトを見ていた事実を確認できなかった」としている。