[PR]

 全編を日本語で演じるモーツァルトのオペラ「ドン・ジョヴァンニ」が、来年1月20日にオーバード・ホール(富山市牛島町)で上演される。総監督と指揮を務める指揮者の井上道義さん(71)は「日本のオペラを、思い切り前に進めたい」と話している。

 「ドン・ジョヴァンニ」は女好きの貴族ドン・ジョヴァンニが、恨みを抱く亡霊によって地獄に落とされるストーリー。

 井上さんは2015年、モーツァルトの「フィガロの結婚」を演出家の野田秀樹さんと組んで上演し、話題になった。その時はイタリア語と日本語で演じた。

 オペラの発祥はイタリアといい…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら