[PR]

 鹿児島大総合研究博物館(鹿児島市郡元1丁目)は、トカラ列島近海でハタ科の新種魚類が見つかったと発表した。和名を「アヤメイズハナダイ」と名付け、日本魚類学会発行の国際学術誌(電子版)に11月29日付で論文を掲載した。

 体長約6センチで、赤い網目模様が特徴。琉球列島の魚類調査を進める同大の本村浩之教授(魚類分類学)らの研究チームが、2016年から翌年にかけてトカラ列島・十島村の中之島と臥蛇島近くの、水深150~200メートルの岩礁域から釣れた魚の中から3個体を発見した。当初は近縁種のフジナハナダイとみられたが、頭部の骨の形や背中の模様の違いなどから新種と分かった。和名は独特の模様にちなんだという。

 以前から研究に協力してきた奄美市の水産会社長前川隆則さん(60)への敬意を込めて、学名は「プレクトランチアス・マエカワ」とし、英名も「前川氏のイズハナダイ」を意味する「Maekawa’s Perchlet」にした。本村教授は「美しい魚なので、前川さんの多大な貢献に少しでも報いる良い機会と思って名付けた」。約20年前から市場などで見つけた珍しい魚を研究施設などに私費で送ってきたという前川さんは「光栄でありがたい。奄美を含めた琉球列島の海の魅力を感じてもらえるとうれしい」と話す。(外尾誠)