[PR]

 順天堂大医学部の不適切入試で、女子のコミュニケーション能力が高いため男子の点数を補正した、と説明した問題で、大学側が「医学的な検証の資料」とした論文を執筆した米国の大学教授が朝日新聞の取材に応じた。教授は「私の研究内容との関連がわからない」と述べ、論文の趣旨と異なる、との見解を示した。

 順天堂大は10日に不適切な入試について公表した際、女子を不利に扱った理由について「一般的に大学入学時点の年齢では、女子の精神的な成熟は男子より早く、相対的にコミュニケーション能力が高い傾向にある。この傾向は学問的にも証明されている」とした。第三者委員会に「医学的検証を記載した資料」として米国のテキサス大のローレンス・コーン教授が1991年に執筆した論文を提出した。

 コーン教授は、朝日新聞の取材に対し、メールで回答。「医学部の入試で女子だけ合格点を上げることと、私の研究内容との関連は、私にはわからない」とした。「私の27年前の論文は、心理的成熟の性差について調べたもので、『コミュニケーション』や言語能力の性差を調べたものではない」としている。

 朝日新聞がコーン教授の回答について順天堂大に尋ねたところ、「2次試験の基準は、これまでに蓄積された我々の経験的なデータを基に設定していた。今回の論文は、心理的成熟度の性差を調査したものであり、コミュニケーション能力や話術に直接言及するものではありません」とコメントした。

 一方、14日午後7時から、同大前でサイレントデモがあった。「コミュニケーション能力」を問題視したことに抗議するため、キャンドルを手に沈黙で行う。医療系学生らでつくる団体「MSAIDs(エムセイズ)」が開いた。ツイッターを見てかけつけた、都内の私立医大で学ぶ大学院生(29)は「論文1本を根拠にして受験の公平性をなくしていいのか。おかしすぎる」と話した。(仲村和代、山下知子、貞国聖子)