[PR]

 埼玉県桶川市で昨年10月、1歳1カ月の三男に十分な食事を与えずに衰弱死させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われた父親の会社員山辺拳士郎被告(25)、母親の無職仁美被告(25)の裁判員裁判の判決公判が14日、さいたま地裁であった。田尻克巳裁判長は、両被告にそれぞれ懲役6年(求刑懲役8年)を言い渡した。

 判決によると、2人は昨年9月ごろまでに、三男の晴(はると)ちゃんがやせ細って栄養状態が悪化していたのを認識しながら、十分な食事を与えたり医療機関に連れて行ったりせずに放置し、同10月9日、低栄養状態で死亡させた。

 弁護側は、拳士郎被告には発達障害の傾向があり、仁美被告は対人恐怖症と診断されているとして、量刑上の考慮を求めたが、判決は「最低限の育児に支障はなかった」「(仁美被告は育児について)実父らに相談する手もあった」と指摘。2人がゲームに興じていたことなどが衰弱死を招いたとして「悪質だ」と非難した。

 田尻裁判長は言い渡しの最後で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら