[PR]

 公式戦通算100勝を達成した将棋の高校生棋士、藤井聡太七段。棋聖と王位を保持する豊島将之二冠と、増田康宏六段の2人の若手棋士が、対局を通じた藤井七段の姿を語ります。=敬称略

いまが旬の棋士

 豊島(とよしま)将之二冠(28)は現在、将棋界に八つあるタイトルのうち、棋聖と王位を保持している。20歳の若さでタイトル戦に初登場し、今年7月、5度目の挑戦で初タイトルの棋聖を獲得。9月に王位も手に入れた。今が旬の棋士である。

 高校生棋士の藤井聡太(そうた)七段(16)とも共通点は多い。2人とも愛知県出身で、将棋を習い始めたのも同じく5歳。豊島は小学3年、藤井は小学4年という早い時期にプロ棋士養成機関「奨励会(しょうれいかい)」に入っている。

 豊島と藤井はこれまで3回、平手(ひらて)で対局し、いずれも豊島が制した。最初は2014年12月。藤井の師匠の杉本昌隆七段(49)の紹介で、七段だった豊島は、小学6年生で奨励会初段の藤井と練習将棋を指した。

 2回目は17年5月7日。愛知県岡崎市の岡崎城二の丸能楽堂で行われた岡崎将棋まつりの公開対局(非公式戦)だった。プロデビューして以来公式戦16連勝中だった藤井に、八段の豊島が快勝した。「藤井さんにとって経験の無い形で、うまく対応できなかったのでは」。豊島はそう振り返るが、藤井の才能のきらめきも感じ取っていた。

 終局後、藤井が「(豊島八段の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら