[PR]

 九州中央道の小池高山インターチェンジ(IC)―山都中島西IC間(10・8キロ)が16日、開通した。御船町高木から山都町北中島を結び、経済活性化や災害時の代替路確保などが期待されている。

 御船町滝川の御船小学校であった開通式典には、地域住民など約400人が参加。蒲島郁夫県知事は、沿線地域ですでに企業進出の動きが見られることなどに触れ「開通でさらに弾みがつくと期待しています」と述べた。式典後、小池高山IC近くの高木トンネルでテープカットがあり、警察車両やトラック、地域住民を乗せたバスなどがさっそく新しい道路を走った。

 九州中央道は、嘉島ジャンクション(JCT)から延岡JCTを結ぶ、全長約95キロの開通が計画されている。熊本河川国道事務所によると、県内では山都中島西ICから、さらに矢部IC(仮称)までの10・4キロを整備中だが開通の日程は未定だという。(杉山歩)