[PR]

 世界第2位の実力をつけた経済とは対照的に、この40年、政治改革は共産党一党支配のまま停滞した。1989年の天安門事件の後も、民主化へとつながる試みがなかったわけではない。だが、その芽は摘み取られ、中国は今、改革に背を向けているように見える。(歩雲=延与光貞)

 四川省の省都、成都から車で約2時間。曲がりくねった山道を上がった先に遂寧市の歩雲郷がある。一本道に沿って家や商店が並ぶ人口1万5千人ほどの農村だ。

 1998年12月、ここで郷長の直接選挙が実施された。郷幹部らの腐敗が原因で直接選挙を求める声が上がり、当時の上層部も認めた、と伝えられている。

 「そりゃ、うれしかったね。自分たちで選べるんだから。多くの人が演説を聴きに行って、候補者に質問もしたよ」

 テレビ設備工事業を営む蔡昌光さん(65)は当時をよく覚えていた。

 郷は地域の行政単位の一つだ。当時、地方での直接選挙の対象は、郷よりさらに下の自治組織である村の村民委員会どまりだった。郷長選は初めてとされ、民主化を前進させる動きとして注目された。

 15人がまず名乗りを上げ、最…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら