[PR]

 15日、サントリーを55―5で破り、18季ぶりのラグビー日本一に輝いた神戸製鋼の表彰式。ゲーム主将の橋本大輝(だいき)が頭上に掲げたのは、一昨年に53歳で亡くなった元ゼネラルマネージャー(GM)の平尾誠二さんの遺影だった。「感無量です」。31歳のフォワードは平尾さんからの言葉を胸に決勝を戦った。

 「結果は気にしなくていい。内容はどうやったんや。納得できるものだったんか?」

 福岡・九州国際大付高、京都産…

この記事は有料会員記事です。残り1097文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1097文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1097文字有料会員になると続きをお読みいただけます。