[PR]

 カナダのフリーランド外相とポンペオ米国務長官は14日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を巡る問題を協議した。カナダ当局が逮捕した同社の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者(CFO)の米国への身柄引き渡しについて、フリーランド氏は「司法手続きに基づき行われる」と述べ、政治判断は加えないとの立場を強調した。

 14日にワシントンで開かれた米カナダの外務・防衛担当閣僚会合(2プラス2)で、孟氏の逮捕や2人のカナダ人が中国当局に拘束された問題を協議した。

 フリーランド氏は会合後の記者会見で、孟氏の逮捕など一連の司法手続きは「国際的な協定に基づく義務であり、カナダはルールに従っている」と述べた。米国が求める孟氏の身柄の引き渡しについては、「司法手続きに基づき行われる。政治的に使われる道具ではない」と強調した。

 ポンペオ氏は会見で「カナダ人2人の不法な拘束は受け入れられない。帰還させるべきだ」と、中国に速やかな解放を求めた。

 一方、カナダ観光省報道官は14日、ジョリー観光相が今月後半に予定していた訪中を延期すると明らかにした。一連の問題を巡る関係悪化の影響と見られる。(ワシントン=園田耕司、ニューヨーク=鵜飼啓)