[PR]

 トランプ米大統領は14日、大統領首席補佐官代行に行政管理予算局(OMB)のミック・マルバニー局長を充てると自身のツイッターで明らかにした。年末で辞任するケリー大統領首席補佐官の後任との位置づけだが、「代行」となっており任期などは不透明だ。

 トランプ氏はツイッターで「ケリー氏と交代し、マルバニー局長をホワイトハウスの首席補佐官代行に指名する。マルバニー氏は政権で、傑出した仕事をやった。米国を再び偉大にするため、新たな役職で仕事をすることを楽しみにしている」と述べた。

 首席補佐官は大統領の日程や職員を統括する官房機能のトップで、政権の要となるポストだ。軍隊出身で規律を重んじたケリー氏と関係が悪化していたトランプ氏は8日、ケリー氏の年内の退任を公表したが、後任選びは有力視された候補者から次々と断られ難航していた。

 マルバニー氏は弁護士出身。サ…

この記事は有料会員記事です。残り237文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り237文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り237文字有料会員になると続きをお読みいただけます。