[PR]

 3万5千匹のマイワシがトルネードを見せる大水槽とともにクリスマスソングを楽しんで――。名古屋港水族館(名古屋市港区)で15日、アクアリウムコンサートが開かれた。

 演奏したのは金城学院高校(同市東区)の「ハンドベルクワイア」。3年生14人が、62個のハンドベルと、振ると音がでる楽器「ハンドチャイム」で「きよしこのよる」など計9曲を披露した。

 水槽は、白や青、赤や緑の照明でクリスマス風に演出され、館内は響き渡る優しい音色とともに幻想的な雰囲気に包まれた。一宮市から両親らと来ていた古田春希くん(4)は「いろんな色に光っているお魚とベルの音がきれい」と話した。

 同館は23・24日にもギター演奏者などを呼んでコンサートを開く。詳しくは名港水族館(052・654・7080)。(西岡矩毅)