早朝の授業や部活…過度な「早起き」、成長への影響は?

有料記事

竹野内崇宏 渡辺純子
[PR]

 「朝課外」「ゼロ限」といわれる早朝の課外授業や部活動の朝練習のあり方が問われるなか、大学の研究チームが成績や健康への影響について調査を始めている。実証研究に協力してくれる学校を募っている。

 福岡市内のある県立高校では、午前7時35分から課外授業として数学や国語の問題演習などをしている。希望制で受けるかどうかは任意だが、ほぼ全員が参加している。

 「家より勉強できて、学力が上がる」。1年女子生徒は話す。一方で「課外を受けている前提で授業が進む」「先生に重圧をかけられる」という生徒もいる。自宅の遠い生徒や、課外前に部活の朝練習がある生徒もおり、授業中に寝てしまうこともあるという。

 生徒や保護者に賛否があるな…

この記事は有料記事です。残り712文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません