[PR]

 大井川鉄道を走るSLきかんしゃトーマスのトーマス号とジェームス号が、15日からクリスマス仕様になって家族連れや鉄道ファンを楽しませている。運転は週末が中心で、25日にはトーマス号とジェームス号が縦に並び、力を合わせて車両を引っ張る「重連運転」が見られる。

 初日の15日、島田市の新金谷駅にはトーマス号とジェームス号を見ようと多くの人が集まった。トーマス号が汽笛を鳴らした後、動き出すと、「いってらっしゃーい」と手を振って見送った。沼津市から家族連れで来たという徳倉ひなのちゃん(5)は、サンタクロース姿のトーマス号に「かわいかった」と笑顔。

 トーマス号とジェームス号は15、16日と22~25日の6日間、新金谷―千頭を1日1往復する。平日の17日と21日はトーマス号のみ運転する。(宮廻潤子)