[PR]

 北海道旭川市の旭山動物園で15日、冬の人気イベント「ペンギンの散歩」が始まった。ペンギンたちが目の前で生き生きと動き回る様子に、観光客らは歓声を上げていた。来年3月中旬まで。

 ペンギンたちは園内の500メートルほどの雪上のコースを30~40分かけて練り歩いた。この日は、たくさんの人だかりにペンギンたちも驚いた様子。それでも、途中で止まってくちばしを突き上げたり、鳴き声を上げたりと、愛くるしい姿で観光客を楽しませていた。

 旭山動物園は、動物が本来持っている生態や行動を引き出して見てもらう「行動展示」の手法をいちはやく取り入れた。飼育舎にいて「ストレス」がたまっているペンギンの運動不足解消の意味合いもあるという。

 当面は午前11時のみだが、雪の積もり具合やペンギンの体調によって午後2時半からも散歩する。積雪状況によって中止や変更になることがあるという。(井上潜)

関連ニュース