[PR]

 キリスト教ローマ・カトリック教会の法王庁(バチカン)と中国政府が、司教の任命権で9月に暫定合意したのを受け、独自に司教を任命していた教区で、司教の一本化の動きが本格化している。バチカンが過去に破門した中国公認司教の復帰を認め、非公認の地下教会司教を降格・退任させる形で調整が進む。バチカンの譲歩が目立ち、地下教会関係者は不安を募らせている。

 バチカン関連のニュースサイト「アジアニュース」などによると13日、福建省閩東(ミントン)教区の司教を中国政府公認「中国天主教愛国会」に一本化する儀式が、北京の釣魚台国賓館であった。

 新たに任命された詹思禄(チャンスールー)氏は暫定合意でバチカンに復帰。それまで司教と認めてきた地下教会の郭希錦(クオシーチン)氏に対し、バチカン代表団は「中国教会全体のために犠牲になってほしい」と、補佐司教になるよう伝えた。同じく競合地区のスワトー教区の地下教会司教には退任を通告したという。

 中国への接近を強めるバチカン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら