ふたご座流星群ライブ録画
[PR]

 年末を彩る天文イベント「ふたご座流星群」。15日もまだ多くの流れ星が活発に流れている。15日は上弦の月が午後9時ごろには西の空に傾いて月明かりが少なくなるため、国立天文台は「たいへん良い条件で流星を観察することができる」としている。

 東京都中央区では15日夕、雲一つない快晴の空が広がり、ちょうど半分になった月がまぶしく光った。東の空には和名「すばる」で知られるプレアデス星団も見え、夜空が暗くなった午後6時過ぎには、星団近くを流れる流れ星が確認できた。