【動画】日産のゴーン前会長と東京地検特捜部の対立する主張を解説
[PR]

 日産自動車の前会長カルロス・ゴーン容疑者の娘が14日未明までに、同社の子会社がブラジル・リオデジャネイロに所有し、ゴーン容疑者や家族が私的に利用していたマンションから書類や現金などを持ち出した。ロイター通信などが報じた。日産側は、この際に「企業上のもの」とみられる書類も持ち出されたと主張している。

 娘の入室には、ゴーン氏の家族の代理人、裁判所職員のほか、日産側の弁護士も立ち会ったが、持ち出されたファイルの中身を確認することは認められなかったという。

 このマンションを巡っては事件後、日産側が証拠隠滅の恐れがあるなどとして玄関の鍵を取り換え、ゴーン容疑者の家族や関係者が入室できないようにしていた。これに対し、ゴーン容疑者の家族は、書類や現金、衣類などの「私物」があるとして、立ち入りをブラジルの裁判所に求め、認められていた。(サンパウロ=岡田玄)