[PR]

 日本ボクシング連盟(内田貞信会長)は15日、東京都内で理事会を開き、今年8月に辞任した山根明・前会長を除名処分とすることを、16日の連盟総会に提案すると決めた。辞任後のふるまいを理由としている。今後本人に弁明の機会が与えられ、来年2月の総会で、処分が正式に決まる。

 除名は処分の中で最も重く、事実上の永久追放。連盟だけでなく、傘下にある各都道府県の連盟にも復帰できない。

 理事会後、取材に応じた菊池浩吉事務局長によると、山根氏は会長辞任後も連盟に電話をかけて威圧したり、現在の体制を批判したりしているという。「一度は本人が退任する形で責任を取っているが、いろんな人が不安に思っているのは事実。ボクシング界に戻れない立場にしないといけない、という判断に至った」と述べた。