[PR]

 小倉記念病院(北九州市)が、市内の焼き肉店「龍園」、老舗の「ごとう醤油(しょうゆ)」と焼き肉のたれを共同開発した。一般的なたれの「塩分50%減」をうたう。

 様々な香辛料や隠し味で塩分の少なさを補完。「健康に配慮しながら、おいしい焼き肉が食べられる味に」と、病院の管理栄養士らが工夫を重ねた。

 心臓病治療で有名な病院で、高血圧を防ぐ「減塩」は特に重要。近く、病院のコンビニでも販売を始めるほか、入院患者の食事にも使おうと考えている。