[PR]

 150年前に富岡町で繰り広げられた戊辰戦争の様子が記された衣装だんすの引き出しが15日、町内で公開された。当時の交戦の様子が人目に触れにくい引き出しの裏側に書き込まれ、所有する医師の家に代々引き継がれてきた資料という。

 引き出しは奥行き30センチ、幅50センチ、高さ20センチほどで、町内の中央商店街にある民家に保管されていたが、所有者が今秋に町に寄託した。

 町教育委員会によると、たんすは1870(明治3)年製で、記録は引き出しの背部分に25行にわたって墨書きされている。文面は70年に書き起こしたと見られ、平潟港(茨城県北茨城市)に上陸した新政府軍と奥羽越列藩同盟軍による交戦の様子が記録されている。また、68年7月28日に富岡町で起きた砲戦をめぐっては、先陣で討ち死にした長州藩と岩国藩の藩士計9人の墓が町内の龍台寺と浄林寺にあることなどが記されている。

 建物解体に伴う文化財の散逸を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら