[PR]

 猫好きにはたまらない。本好きにも朗報だ。猫も本も好きなら言うことはない。そんな本屋さんが福岡市の路地奥にオープンした。猫専門書店としてネット上で話題を集める「書肆(しょし)吾輩堂(わがはいどう)」のリアル店舗だ。

 NHK福岡放送局に近い福岡市中央区六本松の住宅街に、ひっそりと吾輩堂はたたずむ。まるでよそのお宅へお邪魔するような雰囲気だが、それもそのはず。かつては下宿だったという。店主の大久保京(みやこ)さん(52)が、みずからペンキやしっくいを塗って内装に手を加えた。

 板張りの1階には、両サイドの棚に約5千冊の「猫本」が並ぶ。絵本や児童書も充実している。「昔から猫の出てくる児童書はとても多いんですよ。子どもたちというよりも、むしろ大人の作家さんたちの心をとらえているのだと思います」と大久保さんは言う。

 ほかにもエッセーや写真集など多彩な分野が楽しめる。6割が古本だ。

 2階は和室で猫の雑貨を置く。ポストカードや手ぬぐい、バッグやマスキングテープ、食器や置物、オリジナルの箸置きや一筆箋(せん)もある。部屋の中央にはこたつが置かれ、ビールやワインまで注文できる。「私だったらこたつでゆっくりしたいなあと思って」。そんな大久保さんの願いが形になった。

 ネット上に猫の専門書店をオープンしたのは2013年のこと。「ありそうでなかった」と評判を呼び、全国から注文が舞い込んだ。一方で実店舗の要望も当初からあったという。「実際に手に取って見たいという声もたくさんもらった。ネットを使わない方たちのためにもお店は構えたいと思っていた」

 街の古本屋が次々に店を畳み、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら