【動画】立教大に設置された「スピード種目」専用の壁=嶋田達也撮影
[PR]

 東京五輪の新競技「スポーツクライミング」でのメダル獲得が期待される野中生萌(みほう)選手(21)=TEAM au=が、地元の東京都豊島区にある立教大池袋キャンパスに「スピード種目」専用の壁を設置した。スピード壁は東京23区内で初。練習環境を改善しようと、クラウドファンディングで自ら資金を集めて設置にこぎ着けた。

 高さ15メートル、幅3メートル、斜度95度。17日、野中選手はできたての壁に触れ、「壁もホールド(突起物)も新しくて、そそられますね」。一般貸し出しはなく、自身専用のため「生萌ウォール」と名付けた。

 五輪のクライミングは、「複合」という形式で行われる。登るタイムを競う「スピード」、約5メートルの壁に設けられた課題をいくつ登れたかを競う「ボルダリング」、12メートル超の壁をどこまで登れたかの高さを争う「リード」の3種目を全てこなし、総合ポイントでメダルを争う。

 それぞれ専用の壁で行われるが…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら