[PR]

 400ccのバイクの上で先輩につかまり、夜の街を駆け抜けた。勉強も部活もうまくいかず2DKのアパートに帰れば両親のけんか。そんな日々から抜け出したかった。

 高坂朝人(たかさかあさと)さん(35)が広島市安佐南区の暴走族に入ったのは1997年、中学2年の時。盗んだバイクで集団暴走を繰り返した。金庫破りで得たお金で遊び、先輩から譲り受けた刺繡(ししゅう)入りの特攻服を広島三大祭りで披露。中でも中区の「えびす講」は18歳になった先輩の「卒業式」の舞台で、特別だった。

 由緒ある祭りが特攻服で埋め尽くされ、グループ同士のけんかで傷害事件なども多発。「面倒見」と呼ばれる暴力団関係者が、少年たちから上納金を集める代わりに後ろ盾となった。

 グループ数が最多の44となっ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら