[PR]

 コンビニ大手のセブン―イレブンが、「顔パス」で買い物できる小型の店を17日、東京都港区のオフィスビル内に実験的に開いた。人工知能(AI)を顔認証に加えて、商品の発注にも活用し、店員1人で切り盛りできるようにする。オフィスや病院、工場の中など小さな商圏の開拓に役立てたい考えだ。

 今回の店は26平方メートル。おにぎりやサンドイッチ、ソフトドリンク、菓子など約400品目を扱う。NECの顔認証システムを使っており、NECのグループ会社が入るビルに社員向けに開いた。

 利用者は、社員証を自動ドアにかざして店に入る。商品のバーコードをセルフレジで読み取ったうえで、社員証か顔認証システムで支払う。

 顔認証のシステムを利用するに…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら