[PR]

平尾剛の知って楽しむラグビー学

 ラグビーW杯日本開催を2019年に控え、歴史や背景も踏まえた楽しみ方を伝えるコラムの筆者、平尾剛さん(43)は、元日本代表で神戸製鋼でもプレーしました。15日、15季ぶりのトップリーグ優勝、18季ぶりの日本選手権制覇を果たした古巣の復活を喜ぶとともに、世界的名選手ダン・カーター以外の選手にも目を向けています。

     ◇

 神戸製鋼が前回トップリーグを制した03年度、まだ私は現役選手だった。あれから15年。引退後も古巣を案じ、ともにプレーした選手が次々と引退してからもずっと試合を観(み)てきたが、ようやく勝ち切った。しかも圧倒的な強さで。

 サントリーを下した決勝のスコアは55―5。ノーホイッスルトライを皮切りに8トライを積み上げ、インターセプトから奪われた1トライのみに抑えた。相手のゲイン(前進)を許さず、すきあらばボールを奪い返す攻撃的なディフェンスは秀逸だった。

 世界的な名選手ダン・カーター…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら