[PR]

 8月に群馬県の防災ヘリコプター「はるな」が同県中之条町の山林に墜落した事故で、犠牲となった消防職員7人の両親らが遺族会を結成した。このうち6人が17日、同県東吾妻町で会合を開き、遺族側がまとまって県や運航事業を委託されていた東邦航空(東京)に早期の事故原因究明や追悼碑の設置などを求めていくことを確認した。

 事故で死亡した9人のうち、県防災航空隊に派遣されていた吾妻、多野藤岡両広域消防本部の各1人と、登山道視察のために同乗した吾妻広域消防本部の5人の計7人の遺族が参加。三男の研さん(当時47)=吾妻広域消防本部=を亡くした田村富司さん(77)が会長に就いた。

 この日の会合では、早期の原因究明▽慰霊碑の設置▽墜落現場までの登山道の整備▽墜落した機体の公開▽親への慰謝料の支払い▽防災航空体制のあり方検討委員会へのオブザーバー参加――などを求める意見が挙がった。

 参加者からは「防災ヘリの事故はいくつも起きている。他県とも協力して原因をはっきりさせ、教訓にしてもらいたい」「一周忌の際には現場に一度は行ってみたい」との声もあった。田村さんは「みんなで相談しながら進めていきたい。県や東邦航空と遺族会として話し合う機会を設けたい」と話した。(森岡航平)