(味な人)北欧のスープ、心もあったか

有料会員記事

[PR]

大阪市中央区「ケイット ルオカラ」 南大助さん(57)、中島崇志さん(44)

 爽やかな色使いの食器に、沢山(たくさん)の絵本が並ぶ、北欧の暮らしをテーマにしたスープ食堂。

 アパレル一筋で働いていたオーナー・南大助さんの転機は約20年前、次男が生まれたことだった。ベビーカーで入れる店の少なさに驚き「子育てファミリーに安らぎを提供したい」と思い立つ。

 雑貨や衣服を販売するうちに、辿(たど)り着いたのがフィンランドの考え方。人々の穏やかさだけでなく、生まれた子どもに国がお祝いを贈るなど、妊娠・出産・子育てと切れ目ない支援に感銘を受ける。「寒さが厳しい北欧の冬に体を温めてくれるスープを日本でも」と、フィンランド語でスープ食堂を意味する「ケイット ルオカラ」を2016年に開く。

 40種類以上あるレシピから…

この記事は有料会員記事です。残り344文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら