[PR]

 建築現場で梁(はり)となるH鋼を天井裏に取り付ける際などに、人力頼みだった作業を代替する足場兼荷上げ機を熊本県天草市本渡町で鉄工所を営む中野積(つもる)さん(67)が発明した。特許出願中で、ライセンスの供与先や装置のモニター貸出先を探している。

 中野さんの本業は建築資材の製造加工と現場での組み立て。天井裏の梁のような場所では、H鋼をウィンチ(巻き上げ機)である程度の高さまでつり上げ、ウィンチ本体と天井のすき間分の最後のひと上げは従来、数人がかりの人力で対応してきた。

 ウィンチが入らないような狭い場所では、人力頼みの作業がさらに増え、苦労を強いられてきた。中野さんは建築現場で足場に使う機材を活用し、仕事の合間に半年がかりで足場兼荷上げ機を考案した。名付けて「梁アップ100(仮称)」。この装置は「最後のひと上げ」を電動でも、手動(2人が必要)でもできるようにした。2階建てや3階建てにも対応でき、高い天井も可能だ。クーラーを天井につけるような作業にも使えるほか、車輪が付いているため、建築資材を載せて台車代わりにも使える。

 この装置は昨夏から建設現場で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら