[PR]

 熊本地震により熊本県阿蘇市のカルデラ内で発生した陥没や亀裂について、調査している研究チームが17日、昔の湖に起因する地下数十メートルの地層が大きな揺れで急激に軟らかくなり液状化に似た現象が起きたことが原因との見方を明らかにした。同日夜、宅地で大きな被害が出た同市狩尾の住民に説明した。

 阿蘇市ではカルデラ内の西側を中心に広範囲に陥没や亀裂が多数発生。一部は宅地にもかかり、個人での住宅再建に悩む住民もいた。

 安田進・東京電機大名誉教授(地盤工学)らによる研究チームは昨年春から阿蘇谷の陥没を調査し、まず人工衛星のレーダーによる測量結果や地面を伝わる振動などを分析。約9千年前にあった湖底に積もった火山灰や珪藻(けいそう)でできた「湖成層」が軟弱化し変形した影響で地表が水平方向に動き、引っ張られて圧力が下がった場所が陥没したと推測した。

 そのうえで、ボーリングで地下…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら