[PR]

 米グーグルが検討を進めている中国への検索事業の再参入計画が、事実上凍結状態になっていることが17日、わかった。同社が朝日新聞の取材に対し、プライバシー保護上の観点から事業の検証が進んでいないと説明。米メディアは「社内の対立で事業は実質的に終了した」と報じた。

 同社によると、再参入を進めるには、社内のプライバシー担当らの承認が必要だが、それが得られる段階に達していないという。

 同社のスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は11日の米議会証言で「現時点で、中国で検索製品を投入する計画は何らない」と説明したが、同社は17日、この「計画がない」状態がしばらく続いている、とも明らかにした。事業計画は事実上、凍結されているものとみられる。ただ、同社は、中国への再参入を断念したわけではないという。

 グーグルは、プライバシー上の…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら

デジタルコース・最大2カ月無料キャンペーン実施中!詳しくはこちら