[PR]

 世界有数のウミガメの産卵地である鹿児島県屋久島町の永田浜で、約34年にわたり調査や保護活動をしてきたNPO法人「屋久島うみがめ館」が来年以降も活動を続ける、と18日に発表した。人材不足などを理由に解散することを3月に発表していたが、活動への参加希望者が現れ、方針を転換した。

 うみがめ館は1985年に活動を開始。産卵のために上陸するウミガメの個体数の調査や、卵を安全な場所に移す保護活動を続けてきた。活動を引っ張ってきた大牟田一美代表(68)の体調不良やスタッフ不足が重なり、解散を決めた。

 だが、解散報道を見た元会社員の39歳と元自衛官の40歳の男性2人がスタッフとして働きたい、と手を挙げた。町や国などではきめ細かな活動は難しいと感じていた大牟田さんは「長年続けてきた我々にしかできない」と継続を決めた。

 この日開いた記者会見では、ウ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら