拡大する写真・図版 厳井寺(がんしょうじ)トンネルについて説明する花田欣也さん=静岡県掛川市

[PR]

150カ所を訪ねたサラリーマンのトンネル探究家・花田欣也さん(57

 闇の先の別世界にいざなわれて約30年。今月、明治期の宇津ノ谷トンネル(静岡)などを歩く初めてのツアーを企画した。峠の中腹で「トンネルが近づくとワクワクします。それがこの辺り」などと笑いを誘いながら20人をガイド。年明け1月と5月にも静岡や滋賀のトンネルツアーをする。

 東京生まれ。幼いころから押し入れに入るのが好きだった。大学を出てJTBに入社。30歳のころ添乗先でキリシタン墓地の先の獣道に入ると、トンネルの暗い口が待ち構えていた。ゾクゾクする衝撃を受け、探究を重ねる。今は出向先の地域活性化センターで働く傍ら、週末に山中を訪ね歩く。もう全国約150カ所になった。

 「好きなのは先が見えず、長く…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら