[PR]

 重い心臓病と診断され、大阪府吹田市で入院中の川崎翔平ちゃん(1)=兵庫県尼崎市=の心臓移植を実現しようと、両親らが18日、府庁で会見を開き、寄付を呼びかけた。米国での手術費や渡航費に3億5千万円が必要で、目標額まであと約1億5千万円という。

 翔平ちゃんは胎児期に、心臓のポンプ機能が低下する難病の「拡張型心筋症」と診断された。人工心臓を二つ入れ、治療を続けているが、生き続けるには心臓移植が必要。ただ、国内では臓器提供者(ドナー)が少ないため、米国に渡るしか方法がないという。会見した父親の川崎太志さん(30)は「力を貸してください」と訴えた。

 振込先は、みずほ銀行尼崎支店(普)1739733、三井住友銀行尼崎支店(普)5432179など。口座名義は「ショウヘイクンヲスクウカイ」。問い合わせは「しょうへいくんを救う会」(06・7710・3850)や同会ホームページ(https://saveshohei.com/別ウインドウで開きます)。(新田哲史)