[PR]

取材ノートから

 20年前の「世界初」の大ニュースは、ちょっとした偶然がもたらしたものだった。

 1998年7月、体細胞クローン牛の双子「のと」と「かが」が石川県宝達志水町の県畜産総合センター(現・県畜産試験場)で生まれた。優秀な家畜を大量に作れると体細胞クローン牛は当時、様々な研究機関が開発競争を繰り広げていた。実は一番乗りは別の施設のはずだったが、センターの子牛が予定より約40日早く生まれ、世界初の成牛の体細胞クローン牛として大きく注目された。

 今年の年間企画「北陸平成スト…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら